2013年02月01日

1月に読んだ本

こんばんは。またもや月イチ更新状態です。
ここ半年ほどSeesaaがログインするたびに個人情報をよこせとメッセージ出してくるので、引っ越そうか検討中です。はてなブログにでも引っ越そうかな。
先月はまたびっくりするほど読んでないというか読んでも記録してなかったというか。
読みさしはたくさんあるんですが読み終わらないんですよこれが。いいかげん積読を片付けよう。

2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:398ページ
ナイス数:4ナイス

以下ネタバレ感想。
posted by ちく at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2008年03月06日

ゲイリー・ガイギャックス死去

D&Dの生みの親である、ゲイリー・ガイギャックスが3月4日に亡くなられたそうです。享年69歳。
すべてのTRPG、というか、いわゆるRPGというゲームの始祖であるD&Dを作られた方なわけで、なんというか、……なんとも言えないものがあります。
ご冥福をお祈りします。
posted by ちく at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2008年01月15日

『Sweet Princessを買いに行ったと思っていたら、Role&Rollを買っていた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが(ry

なことをしてしまいました。昨日。
『深淵』が、『深淵 第二版』という文字がいけないのですよ!?

肝心の深淵の記事はそんなに多くなかったんですが。
・田口順子氏によるフルカラーイラスト1P。
・深淵についての紹介2P。
・「スピタのコピタの!」体験コミック8P
計11P。
……何やってんだ、自分。

フルカラーはきれーでした。田口順子さんの絵はやっぱ好きだなー。深淵イラストレーターさんの中で一番好き。
紹介ページは、なんつーか。ほんとに「深淵」の紹介。ざっとみた感じ、あんまり変更点があったようには感じませんでした。第二版と書いてなかったらふつーに「深淵」初版を紹介してるように受け取れるくらい、初版との差異が見えません。ちょっとほっとしてみたり。
そして体験コミック。スピコピの緑一色さんなんで、いつもの通りノリ良く深淵のプレイ風景が描かれてました。……これもあんまりシステム的に変わった感じがなかったです。どこが変わったんだろう?
でも2版は買うんですけどねw

深淵 第二版深淵 第二版
スザク・ゲームズ 朱鷺田 祐介


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あとSW2.0についてのSNE面子による対談とかありました。
世界観ががらっと一新されたり、種族もいろいろ変わったり増えたりしてるSW2.0ですが、それでもなんとなく今までのSWと変わらない感じなのかなと思いました。対談の様子から。買うかは分からないけど、ちょっと興味はあります。
タグ:R&R 深淵
posted by ちく at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2007年11月07日

セッションを

先日久しぶりにTRPGをやりました。
初システム、初メンツだったんですが、これがものすごくGMにもPLにも恵まれまして、大変盛り上がって楽しいセッションになりました。GMにもPLにも、いくら感謝してもし足りません。
出版されてるリプレイを読むのは楽しいし大好きだけど、実プレイの麻薬のような楽しさには一歩譲るなあと思いました。そもそも同列に語ることではないんですけど。
とにかく。掛け値なしに楽しかったです。またやりたい。
posted by ちく at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2007年10月12日

「深淵」2版が

たぶんそちら方面の方には今更な話題。
深淵の2版が今年中に出版されるそうです。エンターブレインの発売予定タイトル一覧に出てました。

うわさはちらほら聞いてましたが、……出るんですねー。
ただ1版も出る出るいいながら3年かかったそうなんで、正直ほんとに今年中に出るかは実は疑ってかかってるんですが。でも出てくれると嬉しいなあ。ついでにあのものすごーく雰囲気は出るけど時間のかかる戦闘をなんとかしてくださいw

それにしても予定価格が安い。
税込価格4,935円ですって。
1版が6,800円(税抜き)だったんですよね。えらい高くって今でも覚えてます。だいぶ安くなりましたね。5,000円切ってるもの。

たぶん出たら買います。やる機会はないだろうけど。
あー、オンラインセッション対応にしてくれてるといいなあ。
タグ:TRPG
posted by ちく at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2006年08月27日

異能使いで緋色の欠片>シナリオ編その2

シナリオ編その2は全体のおおまかな流れについて。

続きを読む
posted by ちく at 04:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2006年08月09日

異能使いで緋色の欠片>シナリオ編その1

「BBで水の旋律」が一応決着ついたので、続いてこちら。
先の教訓を踏まえ、「異能使いで〜」を2つに分けることにしました。
ひとつがゲーム登場のキャラクターシートを作っていく「キャラシー編」。
もうひとつがこの「シナリオ編」です。それぞれで通し番号にすることにしました。

これ以前の記事は全体の概要みたいな扱いで。概要っていうより妄想の垂れ流しですが(<これは違うというのか)。

ま、それはともかく。
「シナリオ編」では「緋色の欠片」をTRPGのシナリオにしていく思考過程を覚え書き的に書いて行こうと思います。最終的にシナリオとしてまとめられたらサイトの方へアップ、って感じで。

以下「緋色」用語もTRPG用語も注釈なしでガンガンいきますんで、ご容赦を。

続きを読む
posted by ちく at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2006年08月04日

BBで水の旋律 いろいろ考えまして

電撃PS Girl's Style夏号を見つついろいろ悩みまして、結局、
先にシナリオ案を公開しちゃうことにしました(笑)。

ただし期間限定にします。
限定期間は「水の旋律2」発売前日、つまり10月25日午後23時59分まで

正直どう展開させたらいいかわらかなくて、ハンドアウトとオープニングくらいしか作ってないまま放置してたんですけどね。
でもPC対立系シナリオなんで、ハンドアウトとオープニングが命。それ以外はすべて蛇足!です。プレイヤーがせいぜい考えてくれ、と。

次のエントリーから順々に公開していきます。
なお、私自身は「水の旋律」世界が好きでそのためにつくったものですが、対立の構図自体は設定に手を入れれば「水の旋律」まったく関係なく遊べると思います。良かったら改変して遊んでください。

ちなみにシナリオタイトルは「楽園のような場所へ」です。
posted by ちく at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2006年07月31日

異能使いで緋色の欠片 その1

ざっくりと、それぞれのキャラの異能力属性考えてみました。
血脈は属性から逆算のつもり。

続きを読む
posted by ちく at 06:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2006年07月30日

異能使いで緋色の欠片 その0

鴉取以外の悲恋エンド残しまくりではありますが!
その状態で「口直し〜」とかいって鴉取トゥルーエンドやり直したりしてますが!
ここで一つ、恒例?TRPGネタ行ってみたいと思います。
その名も「異能使いで緋色の欠片」。まんまだ。

水の旋律でもやってましたが、緋色は緋色でまたこうTRPGネタにしたくなるようなところがたっくさんあるんですよ。
なにしろTRPG人って奴は、物語を楽しめばシナリオに出来ないか、ちょっとネタがあったらシナリオに出来ないか、いいセリフを見かけたらキャラロールに流用できないか、何やっててもそーんなことばっかり考えてますからね!(何を偏見撒き散らしてるんだか)

……といっても。
「BBで水の旋律」の時のように世界観から構築しなきゃならない感じではないんで、さらっと守護者+主人公+美鶴(+できればババ様や芦屋たち)のキャラクターシート作成、あと余力があればシナリオ化、くらいしかしないと思います。
異能使いがもともと緋色の欠片みたいな世界観を得意としてますからね。たぶんほとんどそのままいけるはずです。

さーてルールブック読み込んでこようっと(今からか!)。

【参考文献】
異能使い
異能使い
Amazonbk1
平野 和盛著 / ファーイースト・アミューズメント・リサーチ著
posted by ちく at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2006年07月03日

BB旧約の『事故』

BB旧約は「事故」の多いシステムだったそうです。
「そうです」と他人事なのは、私の周りでは「事故」って起こらなかったんで。

初めてその事を知った時はあんまりピンときませんでした。というか正直信じられないことを聞いたと思いました。旧約BBは事故が起きにくいように丁寧に作られたシステムだと思っていましたから。

それが何故そんな「不当な」評価を下されてしまったのか。
と、長いこと頭ひねってたんですが、つい先日、当時BB旧約を共に遊び倒した友人と話してて気づきました。我々、BB旧約の前に「番長学園!」を遊び倒してたメンツだったんです。

番学って、事故だらけのシステムです。というより、事故が起こらず終るのが最大の事故です。
つまり多分我々は、事故を事故だと認識せずにBB旧約を遊んでたんですね。
どっとはらい。
posted by ちく at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2006年01月27日

BBで水の旋律 愚痴ふたたび

水の旋律、キャラソンCDと一緒に公式ファンブックが出ました。
んでまあ全部一応目を通したわけですが。

ファンブックP110 「水の旋律」用語解説の「九艘」の項目。
(八百比丘尼の2人目の)子は、赤ん坊のときに一謡の郷の者に殺されかける。八百比丘尼は食いちぎった自らの指を与え我が子を救おうとした。

キたよキたよキましたよ―――?

自分の子供相手に割血してますよ八百比丘尼さんたら。
このせいで九艘の子は不老不死の能力を得たそうですわよ? いやですわもー。
てゆーかそもそも八百比丘尼さんたら、僧籍に入ってからお子さん生まれたそうですよ。

……思いっきりひっくり返されとりますがな。

「BBで水の旋律」計画、ドミニオンをシートにできるのは、やっぱりファンディスク出てからのようです。定まらなきゃ手が出せません。
もういいです。その間に今度は「異能使いで水の旋律」計画とか発動させちゃいますから。

ファンブック自体の感想はまた別に。
posted by ちく at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2006年01月20日

水の旋律公式サイト更新。そして愚痴

公式サイトが更新されてました。前々から予告のあったファンディスクが正式に予約開始しました。
KID ONLINE SHOPにて現在予約受付中です。
もちろん速攻予約してきました。

は、いいとして。
えー、ここしばらく、「BBで水の旋律」と題して、勝手に水の旋律世界をビーストバインドNTというTRPGシステムで表現する試みにふけっておりました。
実は、一番表現したかったのは「手塚がなぜ呪いを解くことができるのか?」でした。
そのために手塚シナリオをやり直し、いろいろ頭こねくり回して今日本日つい先ほど!自分なりの答えが出たーー!!……と思った矢先の公式発表であります。

・「An old tale」
一謡/九艘の出自が、今はじめて明かされる――――
初期設定で用意されていたお里(=八百比丘尼)の伝説を、今回新たに収録。


……そりゃねーよ。

あんまり悔しいんで、文章的にはまだアレなところたくさんですが、自分なりにこねくり回した結果を今ここで周知に晒すことにいたしました!
後日公式と比べて笑ってくれい。

あ、今回はBBNT用語満載じゃありません。

続きを読む
posted by ちく at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2006年01月19日

BBで水の旋律 脱線

最初から脱線しててさらに脱線も何もないんですが。
引き続きBBNTで「水の旋律」世界を構築中です。
今回は大枠の世界観の話。

続きを読む
posted by ちく at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2006年01月18日

BBで水の旋律 その3

せっかく九艘一般人テンプレ作ったので、拓哉と貴人のキャラシーを作ってみました。
以下いつものようにBBNT用語満載でお送りします。

続きを読む
posted by ちく at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

BBで水の旋律 その2

前の記事を見てくださった方がいらしたようで。
ここまで独善的というか自分しか楽しくない記事なのにありがとうございます。
ルール的におかしかったらツッコんでください。

というわけで今日はもう少し踏み込んで、九艘の郷の一般人を作ってみました。
以下BBNT用語満載でお送りします。

続きを読む
posted by ちく at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

2006年01月17日

BBで水の旋律

「TRPGリプレイ」のカテゴリ名を変更しました。→「&ネタ」。投げた名前だ。

他のモノにはまりつつ、時々「これTRPG化したいなあ」とか思ったりしてたんです。
そういうことも書けるカテゴリ名として。

というわけで変更後第一弾は「新約・魔獣の絆」で「水の旋律」。……わかりやすいなあもう。
以降、注釈ナシにがつがつ魔獣の絆用語使います。ので、興味のない方はご覧にならないほうがいいかと。

続きを読む
posted by ちく at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGネタ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。