2007年12月08日

NHK-BS2「ザ☆ネットスター!」

の再放送がありまして、見ました。

どういう番組かというと、現在ニコ動やユーチューブで人気の素人自主制作動画や、ネットで人気のサイトなどを、その製作者も含めてご紹介する、というもの。
ちょっとすごいのは、こういうテレビ番組にありがちな取り上げられ方でなく、かなりほんとに最前線の人気ものを集めてることです。
そしてタレントが取り上げられたものをバカにしてません。わりと。
なので、わりと気持ちよく見られます。……そういうの多いからねー。

今のところ一回限りの番組として作られたようですが、かなり本気でレギュラー化を狙っているようでして、セットから”天の声”から、かなりの力の入れようでした。
……セット、どうみても「SOS団」だよなあ。"天の声"は柚ねぇだし。
あ、でも柚ねぇフルスロットルではなかったです。ちょっと残念。

立川談笑の話が生々しくてよかったです。
「落語のCDで、4席分の話のうち2席がニコ動にあがってる。残り2席も上がったら権利者削除を申し立てようと身内で話しているのだが、ニコ動に上がることによってCDにてをだしてくれている人もいる。一概に削除要請していいものか迷う」
勝手にタダで上げられるのは業腹だけど、販促になってる側面は否定できない、てことか。
これには喜屋武ちあきや時東ぁみも目いっぱい同意してました。特に喜屋武ちあきは自身がニコ動のヘビーユーザー(だよなあ)でもあるので、ほんとに悩んでいる模様。

ちなみに、これをうけて、著作権に関しては新しい動きがあることも取り上げられてました。
JASRACが歌詞と楽譜に関して、ニコ動に使用料を一括請求することで(現在の)不正投稿に目をつぶろう、としてるらしいです。
言い方悪いな。ニコ動に肩代わりさせることで「演奏してみた」系を著作権侵害、とがなりたてることをやめようとしてるそうです。

ただ、これだと「踊ってみた」系とか、おそらく著作権侵害系の大半を占めるであろう「音楽借りて映像借りて切り貼りしてみました」系はフォロー対象外なので、このへんはまだまだってことのようです。そりゃそーか。

まーでも正直、私すでにJASRACにいいイメージもってないので、「ああ、新たな金脈だと思ったんだなー」と思いました。
だってねー、ここでニコ動からJASRACに使用料払ったとして、そのうちどれだけがアーティストにちゃんと渡されるんでしょう?

→公式サイト「ザ☆ネットスター!」(番組たまご内)
posted by ちく at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。