2007年10月06日

スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ サウンドトラック集せっかく見てきたのにまだ感想あげてなかったのに今気づいたので。

いやーばかだった。
現代日本映画界ではここまで馬鹿な映画が作れるのだ、ということがよく分かりました。

◇物語は
何がどうしてそうなったのか源平の戦いをベースに作られてるのだそうです。

数百年前に平家の落人が作ったという経歴のある村へ、おなじ平家を祖先に持つ清盛一派が乗り込んでくる。しかし彼らは村と共存する気はなく、むしろ伝説の埋蔵金を探しにきた連中だった。
そこへ源氏を祖先とする義経一派まで参戦。両者は抗争を繰り返し、現状はやや義経側有利に。
しかし度重なる抗争に嫌気がさした村人はほとんど逃げ出した。
そうしてさびれかかった村に現れた一人の凄腕ガンマン。彼は理由を明かさないまま、源氏か平家のどちらか一方に、掘り出した埋蔵金の1/3の報酬で雇えという。
このガンマンの登場をきっかけに、源氏側も平家側も、そして村自体も大きく変わっていくことになる。

◇この映画の何がすごいって
キャストが無駄に豪華なこと。
これだけばかそーな内容で、クエンティン・タランティーノとか呼んじゃう。しかもほとんど出てこない。
香取信吾なんか完全にちょい役だし。ていうかなぜ冒頭でいきなり死んじゃうチンピラ役が香取信吾なんだ。

そしてキャストが全員英語しゃべってること。
出演者、ほとんど日本人です。でもなぜかセリフは全員英語。で、字幕が表示されるという。もううさんくさいっつーかツクリ感が最高っつーか。
そうそう、公式サイトも基本英語表記ですw こだわってんなあ。

あとはもう、細かいこと言い出すときりがないくらい突っ込みどころ満載です。
清盛がサイコー。

◇ちなみに。
私が見に行ったのは公開日翌日でしたが、観客は10人前後しかいませんでした。つか10人前後いました。
まじめに自分しかいないかもと思ってたので、ほっとしました。
でももしご覧になりたい方がいらしたら、早めに行くことをお勧めします。地方だと1週間とか2週間で切られかねません。

【関連商品】
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ公式画報 スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ公式図解 スキヤキ・ウエスタンジャンゴ (小学館文庫 (な4-1))
posted by ちく at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59253969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。