2007年09月21日

アリアンロッド・リプレイ・ルージュ:ノエルと蒼穹の未来 菊池たけし〔著〕

ノエルと蒼穹の未来―アリアンロッド・リプレイ・ルージュ〈4〉 (富士見ドラゴンブック)ノエルと蒼穹の未来―アリアンロッド・リプレイ・ルージュ〈4〉 (富士見ドラゴンブック)

富士見書房 2007-09-20
売り上げランキング : 143241
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とうとうきました。
ARAルージュ最終巻です。

すごいまっとーな終わり方でした! 良かった!

ではみっしょんごとにあらすじと感想を。

◇みっしょん07
いまや神殿に名指しで追われる犯罪者となったノエル一行の前に、トランと同じ「セプター」姓を名乗る男が現れる。名はレント=セプター。レントは、ダイナストカバルからノエルを護るよう命じられて来たと言う。微妙に亡きトランと印象が重なったりぶれたりするレントになんともいえないものを感じつつ、ノエル達はレントの加入を許可。共に、ノエルの母ノイエの居場所である沈黙の氷原へと向かう。
途中何度も神殿からの妨害にあうものの、改心したソーウェン公爵や、なぜかヴァンスター帝国皇帝ゼダンより派遣されたフェブラリィ、そして占いババァ(笑)の助けもあり、ノエル達は無事沈黙の氷原へ到着。そこに待っていたのはノイエの騎士であり、因縁の相手であるガーベラだった。


レントがすげぇイイキャラでした。
ノエルたちに対して、感情逆なでするよーなロールプレイかましまくり。
対するノエルたち(というかクリス)がもうそれに逐一神経逆なでされロールで応えてまして、それがめっちゃ楽しかったです。つか逆なでされるのをすごい楽しんでるなーって。
それにしてもトランの後継キャラ、すごいストレートにきましたね。これはちょっとびっくりでした。

さて、このみっしょんでようやくガーベラの正体が明かされました。
あと、きっとくるだろうなーと思ってた「ノエルが死なないと世界が救われない」選択の内容も。
薔薇の刻印を持つ者が薔薇の武具をすべて身につけ、その真の力を開放すれば一撃で神竜ゾハールを倒せる。しかしその時薔薇の刻印を持つ者もまた死んでしまう。
キタキタキター!!
やっぱそうこないとねー!
つかもうここからがお楽しみですよ! ここまで絶望的な状況のどこに「正解」を仕込んでるのか!? それをどうやってPCたちに見つけさせるのか!? それにGMはどういう理屈をつけるのか!? 
……毎度毎度、ほんとにもうその手際のすばらしさというかカラクリのアイデアを楽しませていただいてます。
てわけでこの時点で次のみっしょんがめっちゃ楽しみになりました。

ちょっと残念だったのは、ここまでガーベラがノエルのことちゃん付けで呼んでたのに、説明の途中で様付けになったこと。ガーベラの中で、ノエルが「愛しむ相手」から「仕える相手」に切り替わったことを現してるんだろーなあと思いつつ、「ノエルちゃん」呼びが好きだったのでもったいなく感じちゃいました。

あと占いババァ(笑)。
あんな正体ありかぁ!?

◇みっしょん08
つかの間の再会を果たしたものの、ノイエがフェブラリィに殺されかけ、体内に封じていた神竜を奪われる。実はフェブラリィとそれを操るヴァンスター帝国皇帝ゼダンは、ノイエの体内に封じられていた状態の神竜を入手することで、その力を自在にしようとしていたのだ。
しかしことはそう上手くいかなかった。ノイエが殺されたことで封印の拘束を逃れた神竜ゾハールはフェブラリィを消滅させ、ノイエを体内に取り込もうとする。ノイエを取り込めれば神竜自身が薔薇の武具の継承者となり、神竜を殺すための道具である薔薇の武具を自由に出来るようになるからだ。
取り込むまでに必要な時間は72時間。ノエル達は、母ノイエもノエル自身も、そして世界すべても共に生き残る手段を探すため、そしてゾハールのいる空中都市テニアに行く手段を得るため、大陸中を駆け巡る。


といわけで押しも押されもせぬ最終話。
ここでいきなり時間制限シナリオ!
制限時間内にラスボスの元へ行く方法と誰もが助かる状態でラスボスを倒す方法を入手するミッションです。
情報収集に時間をかけすぎては最終の戦闘に時間が足りなくなるという素敵なおまけつき。
燃える! これは燃える!!
……でも、バランスとるのむずかしそー。さすがプロ。

でも案外飛び回らないで終わっちゃいました。
実際移動した先は2箇所ですよね。古代竜ケテルの元と、カナンのシルヴァ。
ケテルの元ではソハールに義がない理由を、そしてシルヴァの所ではテニアに行く手段を得て、ここで終わってしまいました。
……いやー、ノエル役の力丸さん、出目がすごすぎるわ。

さて、ノエル達は残された72時間でまずケテルに、次にシルヴァに会いに行ったわけですが。
GM的にはユージンという選択肢もあったのかなーと思います。
リプレイではレントが(とゆーか王子が)「みんなが幸せになれる正しい筋道」をノーヒントで発見し、やりとげましたが、シルヴァでない「誰か」に会えば、この解き方にヒントがもらえたのだろう記述がありました。それがユージンかな、と。
今となっては回答などわかりゃしないのですが。

で、テニアに乗り込んだノエルたちとゾハールの最終決戦。
燃えた―――!!
すごい展開でした。
あれやこれやで時間がかかったせいで戦闘に費やせるラウンド数はほんとにぎりぎり。しかもその大半のラウンドは敵の特殊能力を削ることしか出来ない。基本敵からフルボッコ。実質相手のHPを削る時間はたったの1ラウンドだけ!
……いやもーこんなの事故がこわくて組めませんですよ、はい。
ほんと、さすがプロ。

そうそう、この戦闘中、というかこのみっしょんに入ってから少しずつ、レントの様子が変わってまして。
だんだん、だんだんと妙な人間味、つかぶっちゃけトランぽさを感じさせるようになっていきます。
そういうところをみんなで協力して演出してるのが面白かったです。
みっしょん07ではトランと全然違うところを見せ付けてたのに、08に入ったら、レントがふとした言動にトランぽさをにじませてみたり、それにノエルが反応してみたり、クリスがレントをトランと錯覚したり。
これは、萌えました。しょーじきに。
だってプレイヤーが変わらなかったですからね! そりゃーもうレント初登場時から期待してましたとも!
いや、「白亜」の時にはトラン復活はないだろうって思ってたし、変にそのまま復活しても興ざめだよなーとか思ってたけど!
でもトラン好きだから!
そりゃ嬉しいに決まってるじゃないですか!!

トランが幸せになれた、というのとは違うけど、でもよかったです。

……でもこれって、キャラ作った時か作った後にGMといろいろ相談してあったのだろうなあ。

◇ところで
あとがきで出てた問題。
みっしょん08のボスは、ガーベラの姿で、薔薇の武具をフル装備した神竜ゾハールにする予定でした。神竜は、薔薇の武具でしか倒せない……このルールは変わりません。でも、武具はゾハール自身が装備しています。(中略)みなさん、この解決方法はお分かりでしょうか。
ヒントは……みっしょん04の中に、伏線として張ってあります。

これの解決方法を考えてみるべく、みっしょん04を読み直しました。

ちなみに第一感は『ノエルが薔薇の武具の名を呼ぶ』でした。
どのみっしょんだか忘れたけど、そんなのがあったなーって。
で、04読み返してみて。
……やっぱそうでした。
このみっしょんで、ノエルとガーベラが【精神】の対抗判定で薔薇の武具の取り合いやってます。
てことはもし全部取られてたら、ゾハールとの【精神】の対抗判定で薔薇の武具の取り合いをやったってことですね。これはこれでまったく戦術変わったのだろうなあ。
そういう戦いも見てみたかったです。

◇もう一つ、ネタ
今回トランの後継者として「レント=セプターというキャラがでました。
「ふぃあ通9月号」によるとこの名前にはなんかネタがしこんであるというので、Googleに聞いてみました。
……ぜんぶイギリス海軍の潜水艦名にありました。
ただ、びみょーにズレがあるんですよねー。なので、なんかもう一つ、全部を綺麗に説明できるラインがあるんではないかと思います。たとえばトランっていう潜水艦とレントっていう潜水艦は設計が似てるとか、後継だとか、で、セプターっていう潜水艦がその元にあるとか、そもそもこの潜水艦に名前をつけるときに何か同一のものを出典としたとか、そういう因縁が。
この辺はイギリス海軍に詳しい方にお聞きしてみたいものです。

【既刊】
ノエルと薔薇の小箱―アリアンロッド・リプレイ・ルージュ (富士見ドラゴンブック)ノエルと薔薇の小箱―アリアンロッド・リプレイ・ルージュ (富士見ドラゴンブック)
菊池 たけし F.E.A.R. 佐々木 あかね

→感想
by G-Tools


ノエルと翡翠の刻印―アリアンロッド・リプレイ・ルージュ〈2〉 (富士見ドラゴン・ブック)ノエルと翡翠の刻印―アリアンロッド・リプレイ・ルージュ〈2〉 (富士見ドラゴン・ブック)
菊池 たけし F.E.A.R.

→感想
by G-Tools


ノエルと白亜の悪夢―アリアンロッド・リプレイ・ルージュ〈3〉ノエルと白亜の悪夢―アリアンロッド・リプレイ・ルージュ〈3〉
菊池 たけし F.E.A.R.

→感想
by G-Tools


関連書籍
アリアンロッドRPGルールブック (富士見ドラゴン・ブック)
菊池 たけし F.E.A.R. 爆天童
4829143959

アリアンロッドRPG上級ルールブック
菊池 たけし F.E.A.R.
4907792743

アリアンロッドRPGトラベルガイド (富士見ファンタジア文庫)
F.E.A.R. 菊池 たけし
4829144661
posted by ちく at 03:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | TRPGリプレイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56376480
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[リプレイ]2007年9月発売の富士見書房のリプレイ
Excerpt: ノエルと蒼穹の未来―アリアンロッド・リプレイ・ルージュ4 菊池たけし, F.E.A.R ノエルと蒼穹の未来―アリアンロッド・リプレイ・ルージュ4 (富士見ドラゴンブック 23-14) 作者: 菊池た..
Weblog: きまぐれTRPGニュース
Tracked: 2007-09-22 07:00