2007年03月14日

カールス運動をする少女のこと。

不思議に思う脇役シリーズ(?)第2弾。
今回は第4話くらいに出てきた、駅前で人造兵擁護運動のチラシ配りしてた女の子について。

なぜ彼女はカールスの言葉に共感し、その死後も運動を続けているのでしょう?

◇その1:カールスの口車に乗せられた
単純なところで、これ。

私の勝手なイメージですが、カールスは「なんか知らんが説得力のある話」が出来る人だったのではないでしょうか。
同じ話をしても説得力のある人とない人っていますよね。そういう意味で、カールスは飛びきり説得力のある人だったのではないかと。

◇その2:実は人造兵に個人的なつながりがある
自分であげておいてなんですが、その1の理由ではカールスの死後も彼女が運動を続けていることに説得力がないと思うんですね。こういう活動って中心になる人物がカリスマ的であればあるほど、いなくなった時のヒキ具合が激しいと思うし。一時的には盛り上がるんだけど、結局崩壊してく感じ。
とゆーわけで、個人的に推したいのはこちら。

たとえば血縁、出来れば2親等以内くらいの誰かが人造兵への遺伝子提供者である、とか。
で、その血縁者はすでに亡くなってるとベストですね。彼女はすでになくした誰かの面影を護るために、人造兵擁護運動に身を投じたんです。

なんて話だったりすると、1本かけますね。

クラスターエッジ 2クラスターエッジ 2
矢立肇 池田成 下野紘


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:CLUSTER EDGE
posted by ちく at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35922431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。