2007年02月23日

金色のコルダ #20「涙色のロンド」

リリにヴァイオリンを返すため、久しぶりに家からヴァイオリンを持って登校する香穂子からスタート。
まだまだ鬱展開続きます。

金色のコルダ~primo passo~1〈完全生産限定版〉金色のコルダ~primo passo~1〈完全生産限定版〉
於地紘仁 高木礼子 谷山紀章


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ところで。
ここで貼るアフィリエイトリンクはなるべくその回に主役だった人にしたいと思ってるんですが、今回は難しかったです。とゆーわけで今回は月森をひいき。
ていうかこんなことしてるとそのうち煮詰まる気がします。香穂子単独のカヴァー関連商品てありませんもんねぇ。

◇久々にヴァイオリンを持って登校する香穂子。
ただし練習するためではなく、リリに返すため。
リリも最初受け取ってくれようとするが、かなやんのネコに邪魔されて果たせず。
しょうがなく教室に持っていくと、周囲にヴァイオリンを再開するのか?と期待されてしまう。


なんでそこで教室に持ち込むかな、香穂子。ふつーにどっか隠せばいいのに。
と思いました。だって見つかったら気まずいでしょう。

◇志水の「泣かせ」
帰宅途中の志水は公園でたたずむ香穂子を発見。そしてどういう話し合いがついたのか、次の場面ではいきなり香穂子の前でチェロを演奏。
また香穂子の演奏を聴きたいという志水に、自分の音はもともと嘘だから、と泣き出す香穂子。


このシーン、いろいろ言いたいことはあるんですが、一番はやっぱり、なんでそこでいきなりチェロ演奏しだすんだ、志水。
自分の音聞かせれば香穂子がまた演奏すると思ったのかなー。さっぱり分かりません。単純に、今の自分の音を香穂子に聞いてもらいたかった?
つかこのシーン、演出もすごかったですね。なんかいきなり水底にいるし。さすが(?)志水。
それにしても、だんだん演奏シーンの演出が派手になってってませんか?

◇王崎と観覧車
志水に香穂子のヴァイオリンをまた聞きたい、といわれ、いたたまれなくなって逃げた香穂子。その前に現れたのが王崎。王崎は香穂子を観覧車に誘う。そしてなんかいいことをいう(笑)。

……すんません、あんまり記憶に残らなかった。

さて、ここから男キャラ同士の掛け合いが連続します。

◇月森と志水
超マイペース志水とツンツン月森のペア。月森、廊下で志水にぶつかられます。
意外と仲いいですよね、この2人。志水のマイペースに月森が意外と根気よく付き合うって感じで。
志水が楽譜を落としたので月森が拾うのを手伝ってやるんですが、どうみても月森のほうがほとんど拾っちゃいます。のんびりしすぎだ、志水。

でもって志水の衝撃の質問。
「女の人を泣かせたことありますか?」(うろおぼえ)
前回ラストでめっちゃ香穂子を泣かせた月森、うろたえまくり(笑)。いーぞ志水もっといってやれ。
「いったいなにがそんな、彼女を苦しめているのだろう」
前回がんがんに追い詰めた人が何を言う。

◇火原と柚木
落ち込みまくりの火原と、気にかけてるふうで鋭い切り替えしにぐっときた柚木。
この2人の友情って、どうなってるんでしょうね?

◇そして2年生組。
土浦も、自身の苦い過去を思い出し、香穂子の態度ばかり責められないと思い悩む。そこへヴァイオリンの音が響いてくる。演奏者は香穂子ではないと分かっていながら、つい様子を見に行く土浦。演奏していたのは月森。演目は合宿の時と同じアヴェ・マリア。
土浦は「合宿の時の方がヴァイオリンが歌っていた」という。ショックを受けながらも、自分でも気づいていたような月森。2人はそれぞれに香穂子を想う。


土浦の語調が柔らかくて、意外でした。月森に対してだいぶやわらかくなりましたね、土浦。
月森のほうもポーカーフェイスではあるんだけど、以前ほど突き放さなくなった感じ。香穂子相手に限らず、土浦にも。土浦のことも音楽面で認め始めてるってことかなー。

◇で、ようやく香穂子。
一方、リリになかなか返せなかったヴァイオリンを、リリの出現ポイント(?)に置き去りにすることに決めた香穂子。いざ手放してみたものの、その場を立ち去りがたく葛藤しているところへ、月森の演奏するアヴェ・マリアが届く。
とたんに香穂子はヴァイオリンに出会ってからの数々の経験を思い出す。火原とのガヴォット、1セレでの土浦との演奏。月森とのアヴェ・マリアの合奏などなど。
そして香穂子は、やはり捨てられない、とヴァイオリンに駆け戻る。


絶対アヴェ・マリアくるだろう、というタイミングで綺麗にきました、アヴェ・マリア。
ほんっとにお約束をはずさないですよね、このアニメ。

◇とゆーわけで次回予告。
次回予告に久々香穂子登場です。なんかすごいハイテンション。「予告は渡さない」そうですが、火原や土浦にも一度くらいチャンスを上げてくれw

◇余談。
すっかりアニメオリジナル展開ですが、私的には手放しで歓迎してます。今となってはモトの漫画より楽しみにしてるといっても過言ではありません。
あまりの演出に、くさすぎ〜〜と爆笑することもあるんですが、「はずさない」んですよね。だから気持ちよく見てられる。
漫画も、最初の頃の勢いある感じとか結構好きだったんですけどね、どうしてこうなっちゃったんだろ。
posted by ちく at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34441723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。