2006年12月26日

となりの801ちゃん 小島アジコ〔著〕

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん
Amazonbk1
小島 アジコ著

当ブログからもこっそリンクさせていただいてる「となりの801ちゃん」がコ本になりました。
こういうの最近多いですが、自分が応援してるブログが本になるとつい「応援!」とか思いつつ買ってしまいます。

◇内容は
ヲタなご本人「チベットさん(28歳男・仮名)」にできた22歳のかわいい彼女は、チベットさんがヲタ系話をしても嫌がらない稀有な女の子。
しかし実は彼女のかわいい外見は擬体で、中身は12の時から同人イベントに出入りし、やおい本を作っている腐女子というバケモノだったのです。

彼女は会社などでは一般人としてふるまっているものの、ちょっとでも萌えスイッチが入るものにはメがありません。あっというまに化けの皮がはがれてしまいます。
しかも彼氏のチベさんが理解者なのをいいことに、チベさんにスーツデートを要求してみたり、コミケでのやおい本買出しに借り出してみたり、果てはチベさんそううけ本を企画してみたり。

しかし、次に何をしでかすか分からない彼女の言動に振り回されつつも、ちょっと楽しそうなチベットさんなのです。

というもの。

◇感想
とりあえずチベさんは萌える(おい)。いいよねスーツにメガネ。

ではなくて。

萌え本能をけむくじゃらなバケモノとして表現してる、てのが結構ツボにきました。
同人やってる人って動作とか感情表現がマンガ的になりがちじゃないですか。普段はふつうっぽくふるまってても、萌えセンサー直撃されるとそのタガがふっとんじゃって妄想全開になって、感情表現がよりマンガ的になっちゃう。その状態を表すのに「801ちゃん」はすごいぴったりですよね。

あとすごい絵が上手なのがうらやましいです。6頭身かいててちゃんと骨格とか破綻してない絵を描かれるんですよ。同人経験はないそうなんですが、絶対何かやってた方ですよねー。

ちなみにこの毛むくじゃらなバケモノ「801ちゃん」には実は元ネタがあって、とある商店街のマスコットキャラクターなのだそうです。
……なんでこんなデザインにされたんでしょう? すごい謎。
タグ:ブログ
posted by ちく at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。