2012年11月01日

10月に読んだ本

言っていた通りの展開で一つ。
10月の本まとめです。

2012年10月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1598ページ
ナイス数:41ナイス

暁のヨナ 9 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 9 (花とゆめCOMICS)感想
ヨナ、預言者の隠れ里近くの村にて山賊として起つ、の巻。大丈夫かいろんな意味で。テンポの良いギャグエピソード多くて腹筋崩壊しかけましたが、それだけにシンアの「眼」の暴走が胸に痛かった。最後の方で個人的ご贔屓キャラのテジュンが再登場。すっかりふぬけてましたがそこもいい。今後何をしでかしてくれるのか楽しみです。
読了日:10月18日 著者:草凪みずほ

はたらく魔王さま!  6 (電撃文庫)はたらく魔王さま! 6 (電撃文庫)感想
前巻ラストのエピソードを受けて、エミリアの気持ちが大きく動いた巻。「魔王さま!」のヒロインはちーちゃんだと固く信じてるけど、ちょっとこの巻で考えが変わったかも。天使組も色々面白いことになってる。サリエルの今後の選択が楽しみ。
読了日:10月18日 著者:和ヶ原聡司

三国恋戦記~オトメの兵法!~ 2 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)三国恋戦記~オトメの兵法!~ 2 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)感想
原作を踏まえつつ良い感じにオリジナル要素が入ってきました! 孔明がいい感じに孔明らしいしたたかさです。出番少ないけどその分印象的な活躍をしてくれています。それにしてもまさか花ちゃんが孟徳側で赤壁を迎える(かもしれない)とは驚いたなあ。今後の展開が楽しみです。
読了日:10月16日 著者:Daisy2

ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) (新潮文庫)ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) (新潮文庫)感想
500年の歴史があっというまに。
ローマ人達の開放的な気質と決して急がずジリジリと成果を上げていく粘り強さがゆっくりとローマという国の礎を作り上げていったことがよく分かった。このジリジリ感がなんだかたまらない。続刊も読もう。
読了日:10月16日 著者:塩野 七生

烙印の紋章XII あかつきの空を竜は翔ける(下) (電撃文庫)烙印の紋章XII あかつきの空を竜は翔ける(下) (電撃文庫)感想
終わったけど終わってないよー。なんというか色々足りない。特にオルバとビリーナの再会はもう少しページ数を割いて欲しかったし、ホゥ・ラン周りの設定もあらすじだけで拾いきれてない。「レギオン」の時にも感じたけど、作者はシメ苦手だと思う。
読了日:10月11日 著者:杉原智則

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)感想
前半はローマに人が住みついて人口が増えていく土台ができるまで。後半はローマに影響を与えたギリシャがどのような歴史を歩んだか。ギリシャ人の外にどんどん出ていく気持ちの強さとおかげでまとまりのなさが面白い。
読了日:10月9日 著者:塩野 七生

花族ワルツ (2) (バーズコミックス ガールズコレクション)花族ワルツ (2) (バーズコミックス ガールズコレクション)感想
弥生ちゃんの実質的な?お相手は予想通り。しかしこう収まるなんて。大正娘が波瀾万丈しつつ、収まるべきところに収まってよかった。
読了日:10月5日 著者:碧也 ぴんく

アリアンロッド・サガ・リプレイ・デスマーチ(8)  逆襲☆ハピネス (富士見ドラゴンブック)アリアンロッド・サガ・リプレイ・デスマーチ(8) 逆襲☆ハピネス (富士見ドラゴンブック)感想
軍師同士の次元を超えた会話シーン、難しいロールだと思う。
読了日:10月3日 著者:田中信二・藤井忍/F.E.A.R.


読書メーター


先月は塩野七生の「ローマ人たちの物語」を読みだしたのが個人的トピックでした。
正直あのへんのヨーロッパの歴史は複雑すぎてよくわからないのですが(じゃあ国内なら分かるかというと全然んなこたーない情けなさですが)、とても面白いです。
ローマ人は組織の維持をシステムに求めたのだなという。システムのためなら人種は気にしない、あの潔さが素敵でした。なるほど発展するわけだ。

あとは「烙印の紋章」ついに最終巻! ……なのですが、ううう。足りない。なんかすごく足りない。
途中までは相変わらずの血沸き肉踊る熱さで素晴らしかったんですが(個人的にグールの最期はとても好き)、半分すぎあたりからだんだんね……もう、ページ数足りてない感じがして。いつもの調子であともう1巻使って書きたいだけ書ききって欲しかった、と思います。
posted by ちく at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299910139
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック