2006年11月29日

ゲヘナAnリプレイ:雨呼ぶ街と煌少女 田中公侍〔著〕

雨呼ぶ街と煌(きらきら)少女
雨呼ぶ街と煌(きらきら)少女
Amazon
友野 詳監修 / 田中 公侍著 / グループSNE著

ゲヘナAnリプレイの第2巻です。
11月のリプレイラッシュの1作として出たおかげで、印象的にはルージュよりちょっと影薄いかも。
今回はシェオールを追放された4人+NPC1人の放浪記です。

どうでもいいですが、やっぱりこのシリーズは「煌少女(ルビ:きらきらしょうじょ)」シリーズ、ということになるんでしょうか。
それとももっと簡単に「きらきら」シリーズ? ……何か違うものを連想しちゃいますね。

◇あらすじ
いろいろあって謎の少女ジェスをそのまま保護・養育することになったラシーダ達。しかしそのためにシェオールを出ることに。
そして彼らが向かったのは獣甲都市レモーフ。ここでラスマーンの遺物について情報を仕入れ(ついでに1件事件を片付け)たラシーダ達は、<黄金の草原>の幻境がある街コリウーラに向かう。
コリウーラに近づいた時、ラシーダ達は衝撃的な光景を見る。
なんと、コリウーラには雨が降っていたのだ。

◇感想
面白かったです。雨というのが。
もうなんていうか、ありえない設定じゃないですか、世界観的に。それが目の前で起こってしまう。いいなあと思いました。

あと、ゲヘナが面白いなあと思うのが、よく玉虫色の解決になること。むしろPCが積極的にそういう解決方法を取ること。
ゲヘナのPCの立ち位置って、ならず者じゃないですか。PC達がいい人してたって、世間一般の扱いはならず者。上の方も無色透明ではなく、ならず者の親玉っぽい人が一杯いる。たとえそれがPCが所属する組織であっても。
一応明確な悪役紫杯連が決まってますけど、正直いらなかったんじゃないかと思います。裂唇にしても、「あそこは他よりかなり過激/極端」みたいな感じでよかったかと。

◇ジェスの成長
まぁそれはそれとして。
前巻最後、10歳の外見に急成長しちゃったジェスの言動が見ものでした。
ちょうどまさしくおませな年頃。しかも普通の子よりずっと頭が良い。そんな子が繰り出す言葉の爆弾が、主にアルを直撃してました(笑)。
アルはすっかりいぢられ役として定着したなあ(笑)。

あと、ジェスといえばラスマーンの遺物に関する言動。
本作中でラシーダ達はラスマーンの遺物を手に入れます。それがあればジェスは前巻最後で見せたような強大な力を行使できる。だから、ジェスはラシーダ達が何か危機に陥りかけるたびにその力を行使しようとします。
それに対するラシーダ達の反応がいいです。ジェスに力を行使させることを絶対止めるんですよ。たとえGMがジェスの力を計算に入れてラスボス戦組んでたって絶対反対する。
読んでる分には反対する時点で具体的な勝算があるわけではないみたいなんですが、それでもやっちゃうんですよね。

◇アルとラシーダ
さてアルですが、これがまた何かそういう話でもあったかのように純情な恋愛してて可愛いです。ラシーダに対して色々気を遣ったり、ラシーダの父親が出てくれば態度を改めて挨拶しようとしたり、ラシーダと2人きりになろうとしたり(失敗)。
でもラシーダは気づかないw
アルが一所懸命コナかけてるのに、ラシーダに天然スルーされてます。それにしてもジェスにさえ気づかれてるのにラシーダ鈍すぎ(笑)。

それにしても、アルのプレイヤーさんは達者ですねえ。
恋愛感情を周囲にも悪感情持たれないようにロールするのって、かなり難しいと思うんですよ。バランス感覚いいなあ。

◇で、ケナン
で、恋愛といえば、ケナン。
1巻のときから「枕事」技能を取り、なんかソッチ方面でキャラ立てしようと思ってたっぽいですが、今回とうとうそれが役に立ちました!

ケナン、4話でメリナと麗しき主従愛を周囲に見せ付けたはずなのに、5話で初登場の姫将軍レクスに一目惚れ(笑)。気の強い金髪美女がお好みだったようです。
で、他PC達につつかれたり気を遣われたりしつつ、なんと「枕事」技能を使う寸前までいけました! すごいよケナン! コケの一念だね!……まぁ、寸止めだったわけですが(笑)。

いやでも考えさせられました。メリナとケナンの関係ってわりと特殊なんですねぇ。
メリナにとってはケナンは有用な従者で、たよりになる人。兄的か弟的かはわかりませんが。
ケナンにとってもメリナは「退廃の果実酒」を追従して飲むくらい真剣に仕えてる人。
でも、主従関係から恋愛関係には微妙に行かない、みたいな。ケナンはよその女(笑)に目を向けるし、メリナもそれを「ケナンがそういうことを考えられてほっとした」と応援しますもんね。兄弟みたいな感覚なのかな。

しかし惚れた相手を侮辱された時のケナンはかっこよかった! 普段敬語キャラがいきなりくだけたしゃべり方すると迫力ありますね。紙面からでも声が聞こえてくるみたいに錯覚しました。
今巻の主役はケナンだなあ。いわゆるサブキャラポジションで終るかと思いましたが、化けましたね。

◇で、以下続刊。
今回ばかりはルールブック欲しくなりました。
ていうか、ゲヘナの呪文はすごい好み。特に《幻鏡術》の名前は好みをストレートについてくるものが多いです。か、買うしか? ……ゲームする相手いないのに?

既刊
オンライン書店ビーケーワン:瓦礫の都市の煌(きらきら)少女ゲヘナAnリプレイ:瓦礫の都市の煌少女 →感想

関連書籍
ゲヘナ-アナスタシス-
友野 詳監修 / 田中 公侍著 / グループSNE著
posted by ちく at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGリプレイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28499627
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。