2012年06月08日

夏空のモノローグ・各キャラ感想編 番外

夏空のモノローグ(通常版)夏空のモノローグ(通常版)

アイディアファクトリー 2010-07-29
売り上げランキング : 5665

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

キャラ別感想、番外編。
このエントリーでは攻略キャラ以外についての感想を。



◇主人公 こと小川葵
・気弱で自分に自信がない。ちょっと対人恐怖症ぎみ。
・実は無類のスイーツ好きで、極上スイーツのためなら自分の身を賭けても構わない。
・勉強に対して実は理解力はそこそこあるが、勉強熱心ではないため成績は下の方。
・部長の悪ノリに案外楽しそうにノッちゃう(ドラマCD)。

他の科学部の面々に比べて、突き抜けた個性がある、わけではないと思うんですが、なかなかどうして揺るぎない個性を持ったキャラだと思います。特にドラマCDではバツ印のついたマスクを常に愛用し、無言を貫くために筆談に篠原をつきあわせるノリの良さ。教室では緊張で固まってたけど、科学部ではその分はっちゃけてたんですね。沢野井の無茶実験もわりと楽しんでたんだろうな、実は。
声つければいいのに。
柔らかくて若干幼めの少女の声を当てられる人希望。キンキン来ない感じでひとつ。

◇ツリー
ループ中もなにげにマイペースに電磁波の周期を変えてた存在。何ループ目かを正確に記録する必要がもしあったなら、この電磁波の周期を利用したら良かったかもですね。
ていうか、特異点だよねこれも立派に。

作:綿森、操縦:葵だったそうですが、葵に特別な力がなかったことから考えるに、実は綿森はいつでも支配権を取り戻せたんじゃないかなあ。けどあえてやらなかったんじゃないかと。葵に自分でループを解除させるために。

◇浅浪翔
浅浪顧問の弟さん。
浅浪ルートでは攻略の重要な鍵となっており、悩んだ末にツリーの光を浴びせて主人公達と同じ1日ループを超える存在になった彼ですが、綿森ルートではさくっと光浴びてて思わず吹きました。

◇小川葵の母
こういうキャラを乙女ゲーで重要人物として出してきたことに驚きました。
繰り返されるループの中でじわじわと存在感を増していき、綿森ルートでクライマックス。登場頻度は少ないながら、とても大事に描写されたキャラだなと思います。
posted by ちく at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(女性向け)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273926144
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック