2012年06月07日

5月に読んだ本

5月に読んだ本のまとめがまだだったなーと思いだしたので、今から。
ゲームで萌えてる場合じゃないw

5月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2798ページ
ナイス数:27ナイス

アリアンロッド・サガ・リプレイ・ゲッタウェイ(3)邂逅☆ロマンティック (富士見ドラゴンブック)アリアンロッド・サガ・リプレイ・ゲッタウェイ(3)邂逅☆ロマンティック (富士見ドラゴンブック)
オチがまさかの過ぎて吹いたw 次の展開が読めなさすぎる。さすが藤井さん。ムチャ振りされたらその倍で振り返してる。
読了日:05月22日 著者:藤井 忍,F.E.A.R.

アリアンロッド・サガ・リプレイ・イェーガー赤き死の花 (富士見ドラゴンブック)アリアンロッド・サガ・リプレイ・イェーガー赤き死の花 (富士見ドラゴンブック)
素晴らしく表紙詐欺で吹いたw そして藤井さんが意外とバリバリにハードボイルド路線行けることに驚いた。藤井さん演じるルナがいなかったらPC1のかわたなさん心折れてたんじゃなかろうか。そんな勢い。それにしても大竹さんと緑谷さん…。これ自分がGMやっててやられたらちょっと落ち込むなあ。
読了日:05月21日 著者:鈴吹太郎/F.E.A.R.

六花の勇者 2 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 2 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
新メンバーが加わりますます混迷を深める第2巻。1巻と変わらず面白い。というか時間どろぼうされた。さてしかしハンスは確実に六花の勇者である、モーラもどうやら違うらしい、となると、本当の7人目は一体誰だろう? 大穴でアドレッド?
読了日:05月15日 著者:山形 石雄

乙女ゲーの攻略対象になりました・・・。2 (電撃文庫)乙女ゲーの攻略対象になりました・・・。2 (電撃文庫)
いよいよ俺ルートの展開する2巻目。なんてスリリングな…! てかこのゲーム、ものすごい凝りまくってますねー。近年ここまで作りこまれた乙女ゲーはないんじゃないだろうか。ある意味製作者のアイを感じる。主人公には申し訳ないけど、ほんとにゲーム面白そうです。誰か主人公キャラが乙女ちゃんと湊から選択できる実ゲーム作ってくれ―。
読了日:05月11日 著者:秋目人

デュラララ!!×11 (電撃文庫)デュラララ!!×11 (電撃文庫)
今まさに話が動いてるぜぇ!という満足感あふれた巻。帝人が臨也の想定の上を行く展開を公式で見られる日が来るとは…! しかしラストシーン。なんという引き。次巻はやくー。
読了日:05月11日 著者:成田良悟

義経変生譚A Replay:天下繚乱RPG (integral)義経変生譚A Replay:天下繚乱RPG (integral)
すがのんの悶えっぷりが相変わらず過ぎて楽しかったw PLとしては虐めたいけど話してると仲良くなりたくなっちゃうって可愛いなあwww 義経は修羅に堕ちそうなふうを見せてて危ういし(だが(ry、ユエは相変わらず……でもないか。微妙に武侠としてのプロっぽさみたいなのを匂わせつつあるし。いずれにしても岩倉具現の苦労ぶりが半端ないw 小太刀さんがんばってー。
読了日:05月10日 著者:小太刀右京,三輪清宗

六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
密室的な状況で、いるはずのない一人がいる。本当の敵は誰だ? という話。面白かった。すっかり騙された。のだが、こういう物語で続刊前提というのが何より衝撃だ。てっきり1巻読み切りだと思ってた。2巻も読むかー。
読了日:05月10日 著者:山形 石雄

暁のヨナ 8 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 8 (花とゆめCOMICS)
黄龍参入の巻。緑龍編はどうしたというくらいあっさり仲間入り。さてこれで四龍揃ったわけですが、ここで黄龍から「スウォンから王位を取り戻すのか?」という問いかけ。中々食わせ者だな黄龍。それにヨナは「(ただ)人を助ける」と答える。義賊ってことか? 個人的には残念な答え。この筋立てなら対立してなんぼだと思うんだけど。なお巻の後半はスウォン編。こちらはほわんとしながら着実に国力を上げ配下を増やしてってます。スウォンとヨナが結婚してたらもっとお手軽にいい国になったんじゃないかなあと思うけど。そうはいかないか。
読了日:05月08日 著者:草凪みずほ

妖狐×僕SS(6) (ガンガンコミックスJOKER)妖狐×僕SS(6) (ガンガンコミックスJOKER)
かげさまかっっこいーーーー! 前世の文通エピソードで若干「そうかなー?」と思ってたけど、ほんとにりりちよ様の事愛してるなあ。いや愛でてるのかもしれんが。みけつかみ君のやり方もそれはそれでいいんだが、一歩踏み出すにはかげさまのやり方も必要だよね。
読了日:05月05日 著者:藤原 ここあ

アルシャードクロスオーバー リプレイ3 創世! 真ラグナロク!! (ファミ通文庫)アルシャードクロスオーバー リプレイ3 創世! 真ラグナロク!! (ファミ通文庫)
見事に綺麗な大団円。アルシャードはリプレイの知識しかないから詳細は全然わからないが、登場人物で常に中心的な位置を占めていた茉莉が最後を締めたのに感無量。他PCは恋人と共に歩むEDを迎えたのに茉莉は友達と家族だったというあたりがとても茉莉らしい。茉莉を中心に改めて振り返ると、家族の物語だったのだと思う。いつかは父親の祥吾のように誰かパートナーを見つけるのかもしれないけど、それはそれとしていつまでも仲良し家族であって欲しい。それにしてもオフ環境で1セッションが数日に渡るって…100レベルってすごい
読了日:05月05日 著者:田中天,F.E.A.R.


2012年5月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
posted by ちく at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。