2010年10月18日

Bloody Call、もちょっとネタバレ気味感想

Bloody Call 初回版
各キャラごとにもう少しネタバレ的なヤツを。

◇黎明
ものそい分かりやすくストレートに生真面目なボク、でした。
DEHABだっけ、なんか超優秀になるようにデザインされた子のはずなのに、人付き合いはとんだ不器用さん。戦闘だ料理だ勉強だ、そういうのについてはすごい優秀なんだけどね……。
それだけに主人公がフライコールの正装した時の反応は可愛かったです。何をあからさまに見とれてますかこの子は。

しかし最初はこんなに素直な子だと思わなくてめちゃめちゃ警戒してました。
ボスの隠し子をマフィアのトップに据えて実権は自分たちが握ればいい、なんてことを平然と提案する人がピュアだなんて普通思わないじゃないですか。おお振りの阿部の声の人だし(その理由はどうか)。
ていうかそれくらい腹黒い人だったら多分めっちゃ好みだ(ry

◇司狼
ナンパ野郎なふりして苦労人な司狼くんです。
過去のエピソードが面白かったなあ。最初実験の成功例としてもてはやされ、しかし彼よりもっと上手く作れた「弟」の存在、自分より前に作られ破棄された「兄」達のその後の処遇に怯え慄き、耐えきれずに弟を殺してしまおうとするっていうエピソードが。自分が当初持て囃されてただけに恐怖もより一層のものになってんですよねー。こういうのいいなあ。

キャラとしてはもうとにかく苦労人でした。真っ直ぐすぎて融通きかなさすぎる黎明と周囲との緩衝材となり、当然のような顔して主人公のストレス解消に骨を折り、さらに黎明のために露払いを一手に引き受ける気配りぶり。ナンパ師装ってるのも弟の評判のためとかねー。フライコールは実質この人のおかげで保ってるんだろうなあ。

◇渉
ずばり「足手まとい」。そういうキャラです。
この√は黎明と司狼が気の毒で。主人公一人守るだけでも苦労してるのに、その主人公がもう一人足手まといを引っ張り込むんだからねー。
あとなあ。鈴村さんの声好きなんだけど、渉の喋り方は苦手です。なんでこんな喉を潰したような喋り方にしたんだろ。
ただクライマックスでフライコールの制服を借りて盛装するシーンはよかったです。黎明達とはまた違った感じでよく似合ってました。

◇久神
キャラ立ち絵紹介の時点でバレバレな、「臨時の保険医とは仮の姿!」NEDE幹部のハルファスくんですw
この√は黎明のわざとらしさ加減が爆笑もので好きでした。武骸の刺青確かめるために熱々のコーヒーぶっかけるとかどうなのさwww そして白粉彫りで検分を切り抜ける久神もお約束だよね!

この√の難は、久神じゃなくて主人公の方なんですよねえ……。
敵対物ではままあるシチュなんだけど、それにしても主人公がちょっと頭悪すぎる。久神の方はそれなりに筋通してだんだん主人公に惚れてただけにもったいないですよ色々。

しかしなあ久神……自分√以外ではどっかしらで必ず死ぬってどうなのよこれwww
しかも全√みんな今際の際のセリフ違うしさwww
……石田声で死ぬ演技がたっぷり堪能できる良いゲームですw

◇カイン
私浪川さんなめてました。
かっけー! この浪川さんはめっちゃかっけーーーー!
浪川キャラで一番好きなキャラになりましたよ!
最初のうちのナンパキャラは、正直「ウゼェ」wて感じだったんだけど、本性現してからの演技がね……! 明るいんだけど冷ややかっていう加減がいい感じでしたよ。

キャラとしては……頼むからNEDE出奔後はその目立つ戦闘服脱いでw これは久神にも言えるけどw あと鞭が似合い過ぎだ貴様www

真面目なこと言うと、カイン√は主人公側の「身内裏切ってる」感が久神√よりは上手く出てたかなあと。主人公が一途にカイン信じちゃうんじゃなくて、「もしかしてまた裏切られるんじゃあ」的な不安を感じるのも、それなりに黎明たちに気を使うのも良かったです。

◇ジン
一応隠しキャラ、NEDEボスのジンです。
初回プレイではスタート画面にも姿がないんですよね。で、二周目以降に追加されるエピソードが発動して初めてスタート画面に現れる。こういう演出はいいなあ。

しかしこの人、長いことNEDEのボスやっててよく人間だってバレなかったなあ。
それとも部下達は気づいてたけどジン本人の強さに叶わなかったか?……どんだけ強いのジン。いや強いんだけど。怪我負ってて複数人に囲まれて、その上で全員皆殺しにできる実力の持ち主(火事場の馬鹿力こみ)だしな。

この√では主人公の過去についても同時に明かされるんですが、……乙女ゲーだけど敢えて言おう。幼女な主人公がジンの巻き添えくらって殺されるシーンは、もっとなぶり殺しにしてよかったと思います。例えば複数人で囲んで蹴り殺しましたとか。でないとジンが人間全部を滅ぼしちゃえって思うほどの説得力がなくなる。
で、ジンに埋葬されたものの生き返った主人公は、とにかく怖くて怖くてなんにも考えられなくて、無我夢中で脱出して、そのあまりの怖さに前後の記憶を無くした、でよかったと思います。いちいち「私は本当は半綺だったってお兄ちゃんに伝えればよかった」なんて思わなくていいよ! ていうか殺されて生き返っても自分が半綺だったなんて自覚しなくていいよ! その方がつじつま合うし!
……まあそうすると、自分を生き埋めにした「お兄ちゃん」にそのまま甘酸っぱい気持ちをいだき続けられるかは疑問ですが。

あと、過去のことが明らかになるにつれて一人称が「我」から「オレ」にもどると良かった!

ところで何気に攻略キャラ中唯一の人間キャラなんですね。

◇非攻略キャラ
カブラカンとフライコールの元ボスが同じ声ってすごい。
あまりに違って聞こえるのでびっくりしました。

◇その他
前のエントリーでもいいましたが、設定はかなり好き!……なんだけど、とにかくツメが甘いんですよなああ。突っ込みどころしかねえ(悪い意味で)。

まず主人公の待遇が変。

前ボスの血縁を後続に据えなければ組織が瓦解する、だけどその血縁にあたる主人公が人間であるとバレるのはよくない、だから主人公の身の回りの人間は最低限にする、そこまではいい。

けど、それなら屋敷の中でも「ここは行っていい」「ここはダメ」って行動制限しないと!
虹彩の形なんてたしかにそれなりに近寄らないとバレないだろうけど、それでももし見つかったら身内になぶり殺しにされる可能性だってあるんだから、屋敷の中では半綺にみせかけるようなコンタクトを入れさせるとか、そういう偽装は必須だと思うわけですよ。

ていうかそもそも「血縁でなければ結束を維持できない」のなら、主人公をちゃんと他の部下にも会わせてもり立てないといけないんじゃないんでしょうか。連れてきたのが10代の女の子じゃどうやっても傀儡だって思われるのは避けられないけどさー。手下に裏切られるのあたりまえだと思いましたさ。

それと「フライコール」の正装。敵の根城にこっそり忍びこむはずがなぜか超目立つカッコで堂々と乗り込んじゃうとかもねえ。そこまでやるなら普通にカチコミかけてほしかった。

あと「半綺」って名前は……もうちょっとなんとかならなかったんでしょうか。そのまま直で英訳して「ハーフビューティ」とか小っ恥ずかしすぎるだろう。
ていうかそもそも「何の」半分なのかと。これは最後の最後まで説明なかったですねー。なんとなく地球より遥かに進んだ文明を持つ異星人ぽいことは分かるんですが、どうして地球にやってきたのか、とか、目的は何か、とか、そういう説明が一切なかったです。想像して補完することも出来なくはないけど、メーカー側がそれに頼っちゃうのもどうなんでしょ。
posted by ちく at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(女性向け)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166088939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック