2010年04月12日

恋戦記>ノーマルED

三国恋戦記~オトメの兵法!~ 初回限定版 (予約キャンペーン特典:「システムボイスCD」付き)三国恋戦記~オトメの兵法!~ 初回限定版 (予約キャンペーン特典:「システムボイスCD」付き)

Daisy2 2010-03-19
売り上げランキング : 13
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

面白い、という噂を聞いて、三国志演義は読んだことあるし、で、やってみることにしました。三国志モノといっても戦略シミュレーションでも、ましてや自ら大立ち回りを演じる無双系でもなく、ごく普通にアドベンチャーゲームです。

ちなみに物語の出だしですが。
主人公の高校生の女の子(デフォ名山田花)は、図書館で開いた三国志関係の本を読んでいたところ、いきなり本が光って三国志の時代に送り込まれてしまいます。
送り込まれたのは、ちょうど劉備玄徳が諸葛亮孔明を三顧の礼を持って迎えようとしていた時。玄徳の3回目の訪問に割り込む形になった主人公は、孔明の入れ知恵(?)によって孔明の弟子を名乗らされw、孔明の代わりに軍師として玄徳に仕える(ていうより協力する)ことになります。

しかし初回プレイは攻略情報ゼロで心の赴くままに選択肢を選んだせいか、ノーマルEDで終わってしまいましたw

三国恋戦記〜オトメの兵法!〜

◇あらすじと感想
三国志的には博望坡から長板、赤壁ときて、涼州益州を得て天下三分の計をなすまで、です。それプラス、なぜか黄巾の乱にも関わります。主人公がタイムスリップするという形で。
このタイムスリップ絡みが面白かった。

それまで(ヌケはあるものの)順調に三国志をなぞってたのでてっきりそのまま行くのかと思ってたのですが、いきなりタイムスリップした日にゃー、しかもスリップした先で(玄徳たちが味方したはずの)漢王朝側でなく黄巾賊側に加担するとなれば何事かと思うわけで。
しかし過去に飛ばされるのも2回目となると主人公もだいぶ肝が据わりまして、まずは現状をたしかめて、本の記述を埋める=過去の歴史を確定させると帰れそうだとアタリをつけて、単身黄巾賊のアジトに乗り込んで行くんです。で、南華老仙から遣わされた導師だと詐称してw本から得られた軍略を用いて黄巾賊を導いていきます。
その過程で黄巾賊の下っ端である晏而たちからも信頼を得たり、ちょっとした潤い(乙女ゲ的な意味で)があったりもします。……いや、攻略はできないんですけどね。ノーマルEDだから、っていう意味じゃなく、そもそも攻略対象キャラじゃない。できたら斬新だけど。
で、黄巾賊に無事(?)洛陽を落とさせ、その一方で宮中に残された赤ん坊を助け出し、主人公は元のタイムラインに戻っていきます。
ただなあ……記憶が曖昧なんですが、黄巾賊って洛陽落としたっけ? 落とせずに敗走したんじゃなかったかなあ?
一度は洛陽を落とすんですね。すぐに駆逐されちゃっただけで。この辺は孟徳ルートか文若ルートをやると分かるかもしれません。

◇亮くん
ところでタイムスリップした直後、山中で主人公はある男の子と遭遇し、助けます。名前は。なかなか利発な感じの可愛い男の子です。
……これが後にどーしてあんなちゃらんぽらんな野郎に育つと思うよ。
でもそこんとこもよかったです。自分を助けてくれたお姉さんが何故黄巾賊に加担し、自分の住んでいた街を賊に落とさせたのか、という疑問が、彼を後に偉大な兵法家に育てたのだ、というその伏線の回収の仕方が。
さらに、その過去を踏まえて孔明は主人公にある策を授けるのですが、その時に「君にしかできない策だよ」みたいなことをいうわけですよ。この時初めてこのゲームの孔明がカッコいいと思えましたw

◇策と「軍議」
そうそう、いくつかの戦いにおいて主人公が孔明の代わりにいろいろ策を編み出すわけですが、ほんとに主人公が全部自力でやるわけじゃありません。主人公を三国志時代にすっとばしてくれた本が託宣してくれます(だいたいは)。加えて孔明がふらりと現れてアドバイスしてくれることもありますが、まあ、たまに。で、それを主人公が噛み砕いて周囲に伝える形。
ただし「かくかくしかじか」ですませてくれません。ここだけはクイズ形式で、選択問題に答えていきます。このイベントだけは「軍議」として独立してまして、下手に間違うとゲームオーバーになることも。逆に全問正解すると関わったキャラの好感度が大幅にアップします。
正解してると「キンコーン」てSEが鳴るので、クイックセーブを駆使していけばそんなに難しいこともないですが、やっぱりちょっと考えるので面白いです。

というわけでわりと楽しんだのですが。
やっぱり乙女ゲなんだから潤い欲しいと思いましたw
ので、次は子龍攻略に行ってみます。
posted by ちく at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(8) | ゲーム(女性向け)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146306817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

恋戦記>子龍ED
Excerpt: 三国恋戦記、この回から全選択肢をメモしつつプレイ開始しました。 で、今回目指したのは趙雲子龍エンド。
Weblog: 雑文書庫
Tracked: 2010-04-13 00:18

恋戦記>翼徳ED
Excerpt: 三国恋戦記攻略3ルート目、今回は張飛翼徳です。 このルートは翼徳のキャラとのギャップが大きくて、あと思わぬキャラの活躍が見れて面白かったです。
Weblog: 雑文書庫
Tracked: 2010-04-15 21:27

恋戦記>公瑾ED
Excerpt: 三国恋戦記攻略4ルート目、今回は周瑜公瑾です。 このルート、専用ルート前半は笑いなしには語れませんw
Weblog: 雑文書庫
Tracked: 2010-04-16 13:49

恋戦記>文若ED
Excerpt: 三国恋戦記、5ルート目は荀文若。 文若は面白かった! 面白かったけど色々複雑で説明しづらいというか話が入り組んでて説明がやたらめったら長くなりそうなので、ぶつ切ってくことを目標に感想を一つ。
Weblog: 雑文書庫
Tracked: 2010-04-18 12:46

恋戦記>雲長ED
Excerpt: 三国恋戦記、6ルート目は関雲長。 このルートもめっさ面白い、好みの展開でした。今まで攻略したなかで一番面白かったと思う……萌えはいいからつづきを!的な意味で。
Weblog: 雑文書庫
Tracked: 2010-04-18 17:10

恋戦記>隠しキャラED
Excerpt: 仲謀を攻略するつもりがなぜか隠しキャラを攻略しちゃってました。そんな7周目です。
Weblog: 雑文書庫
Tracked: 2010-04-19 07:18

恋戦記>孟徳ED
Excerpt: 三国恋戦記9周目(レポは8本目ですが)、曹孟徳です。 孟徳ルートは、キャラへの好き嫌いは横に置いといて(好きだけど)、めちゃめちゃ何かを語りたくなるシナリオでした。
Weblog: 雑文書庫
Tracked: 2010-05-09 01:40

恋戦記>孔明ED
Excerpt: 三国恋戦記10周目、諸葛孔明。 初回ノーマルルートいっちゃった時からいろいろ気になってたんだけど、それらの解決も含めてじんわり良い話でした。
Weblog: 雑文書庫
Tracked: 2010-07-05 17:56