2009年12月11日

クーベルチュール(1) 末次由紀[著]

クーベルチュール 1 (Be・Loveコミックス)
クーベルチュール 1 (Be・Loveコミックス)
講談社 2009-12-11
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star恋したくなります

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

末次由紀といえば今連載中の「ちはやふる」がヒット中ですが、それとあわせて不定期連載されてるこちらがわりとすきです。
それがとうとうコミックになったので感想を。物語は基本的に「クーベルチュール」というチョコ専門店に来るお客さんが中心。で、クーベルチュールの美形経営者兄弟一郎(ショコラティエ)二郎(接客)がいいところを持っていく感じ。
今巻登場のお客さんはバリバリのキャリア女性、女子中学生、クーベルチュールで働く壮年の女性、それに小学生男子。それぞれにいろんなちょっとしたひっかかりがあって、それが「クーベルチュール」のチョコと一郎二郎の機転(?)でスムーズになっていきます。
どれも1話完結なのですが、どの話もあったかくてちょっとやわらかい気分になりたい時にお勧めです。
posted by ちく at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135350571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック