2008年10月13日

ダブルクロス・リプレイ・ゆにばーさる 果て無きカーニバル 矢野俊策 他〔著〕

DXお祭りリプレイ集です。
刊行から間があいてしまいましたが、せっかく読んだので感想いってみます。

ダブルクロス・リプレイ・ゆにばーさる 果て無きカーニバル (富士見ドラゴン・ブック)
ダブルクロス・リプレイ・ゆにばーさる  果て無きカーニバル (富士見ドラゴン・ブック)
おすすめ平均
starsヤンデレはペタンクより知名度があるらしい
starsシリアスなゲストがバカな事件に巻き込まれます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




◇Chrome Dome
あらすじ:萌えの聖地秋葉原。ここで、このところおかしな事件が連発していた。夜中に家電製品が盗まれると言うのだ。さらに、夜、人気の絶えた秋葉原で萌えキャラが闊歩していると言う目撃情報も。
この奇妙な事件の調査のために呼び出されたT市より加賀十也と黒須左京は、さらにUGNやFHの変わり果てた姿(笑)まで目撃することになる―――


以前「DXライブボックス(→感想)」に収録されたリプレイです。著者はデザイナー矢野俊策。
アキバ祭り記念ファンブックにふさわしい、実にばかやろうな(ほめ言葉)リプレイでした。

ところで「ライブボックス」ではエンディングは1シーンだけでしたが、本書では幻の(?)エンディング2シーン目が読めます。こちらはなんていうか、キャラ萌えな方にはぜひぜひ読んでいただきたい内容です。

◇災厄の聖杯
あらすじ:その日パートナーである薬王寺祐希と喧嘩してしまった檜山ケイトは、秋葉原を逃げ惑う金髪の美少女フランツィスカを助ける。彼女は"聖杯"と呼ばれるあるモノを持って逃げているという。
そして"聖杯"を追い求める『あの者(?)』までもが秋葉原の地に降り立った―――PCモニターの向こうから。


こちらは「矢野俊策の事件簿」に収録されたリプレイです。著者はチワワ伊藤和幸。
こちらの特徴はサプリメント「ラディカルドライブ」に収録されたシナリオクラフトを使用していること。使用テンプレートは「アイテムチェイス」。
まよキンのような、ダイス目勝負のぐだぐだになりそうな成り行きをプロの技できれいにまとめていく過程が見ものです。

……や、積極的にぐだぐだを呼びそうなキャラ作ってる人もいましたし、なんつかご本人のボケキャラ度がすさまじい方もいらっしゃいましたがw
すいませんすがのたすくさん。しのさんのプレイグループ出身と言うことで、なんとなくしのさん的な方を事前に想像していました。全然違いました。
なぜそんなに楽しそうにヤンデレをロールしてらっしゃるんですかー!?

それにしても「事件簿」からイラストレーターが変わってしまったのは残念でした。すがのさん作の智世絵、恐ろしい意味で味があってよかったのにw

◇ティーパーティーへようこそ
あらすじ:第二次大戦直前、「スモールS」のコードネームでMI6で活躍していたフィン・ブースロイドは、そのMI6からの要請を受けてふたたび日本の地を踏む。フィンと、そしてフィンの日本での協力者として派遣された高崎隼人が任務のために訪れたのは、『一花繚乱』というメイド喫茶だった。

こちらが本書で唯一の書下ろしです。著者ははにゃー藤井忍。
ただ、お祭りリプレイにふさわしく、トワイライトからキャラが参戦。フィン・ブースロイドです。
小生意気な少年がいい感じにとぼけたおじいさんになってました。てか、そういうふうに生きてきたことを表現してみせる王子の手腕がすばらしい。
そのフィン老人の相方を務めるのがDXオリジンの主役・隼人。PLはもちろん大畑さん。あいかわらずの楽しそうな負けロールでした。

……というPLお二人の雰囲気、そして「こいのぼり」藤井さんのやわらかげな雰囲気にちょっとだまされますが、シナリオ自体は結構えげつないですw てかはんにゃですwww
短編リプレイという企画だからか、もう、GMが何かと機会を捉えては侵蝕率上げさせまくり。衝動判定させまくり。クライマックスに入った時点で97%と114%ですよ。ミドル6シーンしかなかったのに!
まあ、○○○コスした春日恭二なんてエグいものを見たから衝動判定、てのは分からないでもないですが。中の人的にw

◇というわけで
F.E.A.R.の皆さんがいろんな意味であれこれ実に楽しく『DXを遊んでいる』リプレイでした。
またこういうの出して欲しいなあ。
posted by ちく at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPGリプレイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。