2008年07月02日

Ultra Mobile「WILLCOM D4」7月4日より予約開始!


今までずっと「WindowsMobile」をOSに採用していたWILLCOMのスマートフォン。
しかしここにきてついに、ついに、Windous VistaをOSに採用したスマートフォンが出ます。
それこそがWILLCOM D4です。

私自身はすでにAdvancedW−ZERO3ことアドエスユーザーだし、アドエスを使ってよかった、と思うことはたくさんあります。
たとえば大きさとか、軽さとか。モバイルPCを持ち歩くことに抵抗はありませんが体力のない身としては、アドエスの本体の軽さ、そして動作の軽さはとても画期的でした。
親指で全てのキーを打つことも、フルサイズのキーボードへのタッチタイプにはやはりおよばないものの、慣れればそれなりに快適です。

でも、でも! OSの違いはいかんともしがたいのです。

結局の所、モバイルPCユーザーというのはCEのようなモバイル専用OSではなく、VistaならVistaを持ち歩きたいものなのですよ!
だって家や出先のPCとまったく同じアプリケーションが使えるんですよ。異なるOS同士でのデータの互換性などを気にすることなく!

アドエスを使うに当たって、使用を諦めたり、データ互換の方法を考えたアプリやツールがいくつかあります。
たとえば今この文章の下書きを書いているStoryEditor。いわゆるアウトラインプロセッサですが、同種のフリーソフトをいくつか試した中でこれが一番分かりやすかったので、さまざまな場面で愛用しています。
が、これがすでに開発が止まってることもあって、WindowsMobile用互換ツールなんかありゃしません。

でもVistaが動くWILLCOM D4なら! 何にも考えずに本体にインストールしてしまえばいいのです!
自宅などでの環境を持ち歩いて苦にならないサイズで構築できるのです。これほど甘美な誘惑はありません。まさにUltra Mobile。
そういう意味で、D4は画期的だし、そしてとっても魅力的なのです。

もしも自分がD4持ちになったら。
まず上記のStoryEditorは絶対入れます。それからサクラエディタ。この二つがあればテキスト作成環境はばっちりです。私的に。

それからいわゆる電子書籍をいろいろ入れたいものです。たとえば現在定期購読しているWebコミック雑誌「GENZO」。これもWindowsMobileでは動かないため持ち出せませんでしたが、Vistaが動くD4なら何の問題もないでしょう。

動画観賞もそうですね。やっぱりこれも、アドエス使いなおかげでYouTubeはかろうじて見られてもニコニコ動画は見えませんでした。でもVistaが動くD4ならどんとこいです。Gyaoなんかもいけるかもしれません。

動画系は通信速度が命ですが、幸いD4には最初からいくつものデータ通信方法が用意されています。
まずWILLCOMではおなじみの)W-OAM対応W-SIM(PHS)を利用したデータ通信。
それからアドエスでもお世話になってる内蔵のワイヤレスLAN。
そしてD4のみのアドバンテージとなる、クレードル(別売り)を介しての有線LAN接続。
無線LANは便利だけど、最後の最後に頼りになるのはやっぱり有線だと思います。そしてD4にはそれが用意されています。ストリーミング配信を楽しむなら、この方法が一番確実でしょう。

こうして考えていくと、あまりに素敵すぎてワクワクします。
発売は7月11日(金)。ほんとにすぐそこまで来ています。楽しみです。
posted by ちく at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。