2008年06月15日

お蔵だし

てれてれとHDD内を見てたら、すげぇアホな覚書を発見しました。
SSネタが沸いた時とか、それこそメモ帳みたいな感覚で適当にテキストファイル作ってがりがり書いたりします。それだけで満足しちゃったりもしばしば。

という中で、コレを書いたときの自分はどうかしてたってのがありました。
クラエジネタでSSって、今書けるものないし、かといってコレ書くのはどうかと思うので、ここでネタ出ししちゃいます。
カールス父の話

【概要】
カールス父はとってもツンデレさん。
貴族の務めだからとお嫁さんをもらっってみた。最初は好きでも嫌いでもないしーだって義務だしーって感じで子作り以外は「ちゃんとやレー」って無関心だったくせに、だんだんお嫁さんに惚れだしちゃってさー大変。おまけにカールス妊娠したらお嫁さんてばもともと虚弱体質だからぐったりさー。
カールスが生まれたら生まれたでもー可愛くって仕方ないんだけど、カールス父ってば「子供に愛しい気持ちが伝わる接し方」がわからないからカールスには嫌われちゃう。カールス父サミシイ。

不幸はそれだけじゃなかったの。お嫁さんはカールス生んですっかり病弱さんに拍車がかかっちゃってぐったり。それでもカールスが可愛いからって頑張ってくれたけど、ある日とうとう命数が尽きちゃった。
カールス母、カールス父を枕元に呼んで遺言をするのね。
「自分が死んだらすぐにカールスに新しい母親を迎えてやってほしい」
「新しい母親迎えるのに前の母親の痕跡を残しておくことは言語道断。写真類は全部処分すること」
「それからもっとカールスに接してやってほしい」
カールス父一杯反論したかったけど言えないの。ツンデレだから☆

そしてカールス母お亡くなりに。カールス父、カールス母の遺言どおりに一杯カールスと接しようとするんだけど、なにしろ接し方がわからない。だから精一杯考えて、思ったのね。
「そーだ俺はあの頃早く大人になりたかった。カールスに一杯大人の世界を見せてやろう(はぁと)」
でもでもカールスは喜ばない。
「そーだ俺はあの頃もっと強くなりたかった。人造兵を仕入れて誰よりも強くしてやろう(はぁと)」
そしたらカールスは人造兵に言葉を教えちゃった。
やっちゃいけないことはやっちゃいけないこと。ここは父親らしくちゃんとシめなくっちゃ。カールス父、人造兵を銃で一発ドスーン。そしたらカールスにドスーン。……あれぇ?

=====
誰が読みたいんだ、こんなの。
タグ:CLUSTER EDGE
posted by ちく at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。